フェイスリフトはダウンタイムが大変でした

過酷なダウンタイムを乗り越え恋人もでき毎日が楽しい

たるみから老けて見られフェイスリフトの手術を決意包帯が取れるまで1週間で過酷なダウンタイムが2週間過酷なダウンタイムを乗り越え恋人もでき毎日が楽しい

このときの安心感と嬉しさは、最早言うまでもないでしょう。
メイクをするのも楽しく、改めて鏡を見てみるとしっかり頬が上がっているわけです。
自分で見ても若返ったと自信を持てるくらいで、これくらいになって初めて心から手術を受けて良かったと考えられました。
あれから半年、現在の私は新しい恋人もできて順風満帆な日々を過ごしています。
気になる費用は50万円くらい、お給料の2か月分ほどが飛んでしまいました。
ですが今の状況があるからこそ、これくらいなら安いものだと捉えられています。
やはりコンプレックスの解消ができると、人生が変わるのかもしれません。
毎日楽しく過ごせるようになったことへ、心からの感謝をしたいです。
フェイスリフト手術に限った話ではありませんが、やはり切る手術というのは不安や怖さでいっぱいになります。
同時にそれを乗り越えた先に本当に成果が待っているのか、きっと半信半疑になっている人も多いでしょう。
とはいえ、こればかりはやってみなければ判らない部分も多いです。
私も過酷なダウンタイム期間を経て、真の成果を手に入れられました。
ですから是非手術を受けようか迷っている人がいれば、思い切って背中を押してあげたいです。
若く見られるというのは、いくつになっても嬉しいものです。
フェイスリフト手術は、新しい私を誕生させてくれました。
あのときお世話になった先生にも感謝しながら、これからも日々を楽しんでいけるよう頑張ります。